AIビジネスの課題

AIビジネスの将来は明るいと思われますが、現時点ではまだ課題が残されています。その課題をきちんと認識しておかなければ、AIを上手く使いこなすことはできないでしょう。残念ながらAIビジネスはまだ始まって日が浅く、機械学習の特性を認識していない企業も少なくありません。AIビジネスの工程は、この特性を基に成立するため、機械学習について勉強しないまま工程を組むことはできないのだと考えて下さい。AIビジネスの課題は、こうした点に限りません。AIで全てが解決できるわけではないからです。その原因はAIの性能に限界があるからでもありますが、エンジニアがAIとビジネスを融合できないという事情もあります。実際、機械学習のことをよく分かっているエンジニアは少ないのです。AIにこうした課題が残されている以上、バランスよく戦略を練る必要があります。AIを信じ切るのも危険だということです。ビジネスの課題は多様ですから、その解決手段は沢山あります。AIもその一つに過ぎず、過信してはならないのです。そもそもAIの導入はまだまだコストが掛かります。課題解決が見えたとしても、中小企業が払えるコストでなければ導入できません。一時的にAIの力を借りて課題を解決したというアピールであればまだしも、そのAIを使い続けるためには維持管理費も掛かります。とてもROIが合わないのです。

コメントを残す