HRテックの実際

HRテックは現在、多くの場面で役に立っています。

例えば、エントリーシートの合否を出すのにもHRテックが使われています。もちろん少数に絞られてからは人間が比較しているのですが、最初に送られてる膨大な量のシートをHRテックに任せることで大幅に業務が削減されます。企業の中にはHRテックが弾いたエントリーシートを人間に読ませて、選考に間違いが無かったかどうかを確認しているところもあります。これは、優秀な人材を弾いてしまう可能性が0では無いからです。因みにHRテックは高度なAIが搭載されているため、いわゆるコピペ判定もこなします。新卒の学生の中には、平然とコピペのエントリーシートを提出する人もいるのです。

採用の場以外では、在籍社員の心理状態を探るのにも使われています。

例えば、優秀な人材に離職されることの多かった企業では、社員の行動パターンや勤怠データをHRテックに分析してもらい、離職可能性の高い社員を抽出させます。その上で、当該社員と面談し、本当に離職を考えているのか確認したり、本音を聞いてあげたりするのです。因みに退職し易い社員の特徴は、異動ばかりしている中年なのだそうです。

さて、HRテックを導入するような会社は、チャットボットにも関心を向けているはずです。チャットボットとは、AIに会話させるパッケージを指します。AIは自然言語の処理もかなりのレベルで行えるようになりましたから、AIを搭載したロボットを作成すれば、そのロボットに会話させることも出来るはずだという発想の下、開発されています。

チャットボットの会話は非常に流暢で、単なる読み上げとは異なります。既にコールセンター等で実用化に向けた実験が行われていますが、徐々に自然な会話が出来るようになっているそうです。チャットボットは雑談はもちろんのこと、知識としてインプットされている情報を教えてくれたり、相手の意図を読み取ったりすることが出来ます。