HRテック

AIビジネスを構築する上で避けて通れないのが、HRテックの導入です。HRテックとは、人事の業務にIT、AIを取り入れたパッケージを指します。人事の業務は採用、育成、評価、配属などが中心ですが、これらを全てAIがこなすのです。

人事とAIとの結びつきはあまりイメージできないという人も多いのですが、AIの進化をよく知っている人ならば、定量的に人を測定するということが何故許されるのかがお分かりになるでしょう。AIは定性データを定量データに変換するのに長けているのです。

人事にAIを導入するメリットは、効率性の向上に留まりません。日本の企業は長く集団主義、新卒採用、年功序列を維持してきました。しかしバブルの崩壊でそれも変容し、成果主義と人件費削減が流行するようになりました。すると、「評価が下がれば給与額も下がる」「評価が下がれば解雇され得る」という認識が広まり、上司の主観で評価されることに不満が出るようになったのです。

その不満を解消するのもAIの役割です。AIによる評価であれば、納得して受け入れることが出来るからです。もちろんAIとて完全ではありませんが、嫌いな上司に採点されるくらいならAIの方を選ぶでしょう。

日本の産業界は人事がしっかりしなければ、国際的な競争で勝ち続けることはできません。日本が経済的に衰退している中、米国は好調を維持してきました。その理由は、ITを活用した技術革新で成功してきたからです。その技術革新を生み出したのは、優秀な人材であったことは論をまちません。米国では早くからHRテックが導入され、多くの優秀な人材を確保してきたのです。